ダンボール 保冷 段ボール−大和紙工株式会社


紙なんだ 鮮度保持箱

保冷パッケージ
| 大和紙工株式会社 TOP | ワンダーボード | 鮮度保持箱 | 羽毛保冷箱 |
  | 茶香紙 | マイナスイオン鮮度保持箱 | | 会社概要 |
お気に入りに追加 !

大和紙工株式会社


 




保冷パッケージTOP
保冷パッケージ
保冷パッケージ 保冷パッケージ 保冷パッケージ
<試験条件> チンゲンサイ採取1時間後5℃×20分の低温処理 処理後50分後より、30℃の室内で24時間試験を実施
【1】適度な水分の保持
  保冷パッケージ 青果物の場合、水分損失率が5%を越えると商品価値がなくなるといわれています。 試験の結果、一般段ボールでは6.5%の水分を損失しましたが、発泡スチロール箱では1.3%、 鮮度保持箱は、ほぼ同等の1.5%の数値を示しました。
保冷パッケージTOP
【2】適度な低温の保持
  一般段ボールでは、約一時間の間に急激に温度が上昇します。鮮度保持箱は、 発泡スチロールとほぼ同じように、10時間くらいの間に緩やかに上昇していきます。
保冷パッケージTOP
【3】適度な炭酸ガス量の調節
  保冷パッケージ 炭酸ガスの効果により、青果物は仮眠に入るような状態になり、体内のカロリー消費が防止され、鮮度保持が出来ます。 一般段ボール・発泡スチロール箱の炭酸ガス濃度は、およそ0.2〜0.4%ですが、 鮮度保持箱では、0.7〜0.9%の濃度を示しています。
鮮度保持箱は、段ボール箱の内側に、鮮度保持に必要な特殊膜を形成させてあります。
この特殊膜は、防水・耐油性を備えているので、野菜・果物等の鮮度保持のほかに様々な用途に利用できます。
例えば水分による箱強度の劣化を防ぐので、海産物・切り花用通い箱・冷凍食品等にも効果的です。
その他、用途に応じて、ご希望の大きさ・形状に対応いたします!!

保冷パッケージTOP
Copyright (C) 2006 大和紙工株式会社 All Rights Reserved.